半纏の種類

半纏は日本発祥の衣装です。半纏には様々な柄があり最近では水玉やストライプなどにオシャレなものが人気です。また、キャラクターが描かれた半纏もあるため、子供も楽しく着る事ができます。

Read more

庶民の半纏

半纏は和服の一種です。半纏は主に昔は庶民が着用するものでした。特に仕事着として着用されていました。戦後までは職人さんの仕事着として用いられていました。ですが、最近ではあまり着用されなくなってきました。

Read more

半纏でオシャレ

最近ではオシャレの一環として半纏を着用する人が増えてきました。半纏は昔は職人さんが好んで着用されていましたが、最近ではあまり着用されていません。このような半纏はネットで簡単に買うことが出来ます。

Read more

海外の人気

和服は世界に誇る民族衣装です。その美しさには多くの外国の人も憧れを持っています。グローバル化の進んだ現代こそ、和服をもっと着たいものです。訪問着などの礼装としてだけでなく、日常生活のシーンに取り入れたいものです。しかし、袖や裾が動きを邪魔して活動し難いのも事実です。昔の人は、和服で仕事から家事までこなしていました。その知恵を学びたいものです。割烹着や半纏を着用していたのです。半纏は江戸時代に庶民の作業着として着用されていた歴史があります。動き易い合理的なデザインになっている訳です。筒そでになっていて丈が短いのです。どんな体型にも合わせ易いデザインになっています。しかも、和服だけでなく洋服にもマッチするデザインです。

厚地のトレーナーにカーディガンを羽織っても、セーターを着てもしっくりしなくて快適ではありません。その点、ゆったりしたデザインの半纏ならば、楽に着こなせます。気候の不安定な時、ティーシヤツに半纏を羽織れば便利です。ジーンズにタートル、半纏は素敵なカジュアルウエアです。また、綿入りの半纏は室内用の防寒着として愛用されていたそうです。洋服のコートでは、室内の防寒着としては適当ではありません。受け継ぎたい昔からの知恵です。綿入りの半纏にマフラーをすれば冬でも近所の買い出しやウオーキングに寒さ知らずです。部屋着としてパジャマに半纏でリラックスします。おもてなしにもゲスト用の半纏を用意すれば、和やかな雰囲気を演出します。